保育園でカンフー体操(パンダ長拳)体験を行いました

先日…と言っても10月初旬と、ひと月近く前の話ですが…諏訪の片羽保育園でカンフー体操(パンダ長拳)を園児たちと一緒に行ってきました。

園児たちの顔出しNGなのでフィルターかけさせてもらいました

今回保育園でカンフー体操が行うことになった経緯は、例年保護者会で園児たちの体験企画を秋に行なっているのですが、疫病の関係で外部の人を招いて行うことができなくて困っていたそうなのです。

そんな折に私が「子供たちとカンフー体操やってみたいんだよね〜」とポロリと話していた声を拾っていただき叶うこととなりました。

幸いなことに片羽保育園には次女が通っており、私は”外部の人ではない”ということで園長先生からも割とすんなりOKくださったそうです。ありがたいことですね〜。

とはいえ100人弱の園児を一同に会して行うのは”密”という面でも、私の指導力という面でも問題と不安があります。なので学年毎に分けて3回行うことでクリアーしました。
細やかな調整をしてくださった保護者会の役員の皆さまありがとうございます。

8月に行なったオンラインイベントでも子供たちとのカンフー体操を経験していたので楽しさはある程度想像できていたのですが、目の前でたくさんの子供たちと行うともっと楽しいし、子供たちの成長を垣間見ることができたり、先生たちの想いを知ることもできてとっても良い日となりました。

ですが、ただ単に体操を行うだけでは勿体無いということで「姿勢を綺麗にして過ごす」ことを伝えることをコンセプトにしてみました。

姿勢のことが上手く伝わったか…正直のところハテナですが、後々多くのお母さん方から「お家でもカンフー体操やって見せてくれたよ」とか「まだ続けているよ」とか、お父さんお母さんも一緒にカンフー体操をやった動画を送ってきてくれる方もいたりして、とてもとても嬉しかったです。

来年は疫病の心配はもうないと思いますし、次女も卒園しているのでこういったチャンスはないかもしれませんが、また何かの形で子供たちと愉しめるといいな〜と思っています。

最後に改めまして、保護者会の役員の皆さま、片羽保育園の先生方、園長先生、保護者の皆さま、そして園児の皆に”ありがとうございます”を伝えさせてください。