保育園でカンフー体操(パンダ長拳)体験’21を行いました

先週の水曜に諏訪の諏訪の片羽保育園でカンフー体操(パンダ長拳)を園児たちと行ってきました。

元気な園児たち。いい感じで真似てくれていますね。お母さんや先生もいい感じでした

今年で2回目となったカンフー体操体験。私の娘たちは卒園してしまったのに呼んでいただけてとっても嬉しかったです。

運営は昨年同様密を避ける為に年少・年中・年長毎に3回行ったのですが、年代によって難度を変えられるという側面も大きいです。これは昨年経験してわかった事。

というのは、子供達は保育園の3年間ですごーく、すごーく成長するんだ…ということなんです。年少→年中→年長と明らかに成長していて「できる事」「集中し続けられる時間」が全然違うんです。それはどのくらいかというと、ちょっと感動してウルウルしちゃうほど。園児たちのご家族と先生方が大切に育てていることを思うとまたウルウルしちゃいます。

今年も「姿勢をキレイに」ということを大切に行いましたが…伝わったかな?(汗)でも元々皆キレイな姿勢だったので大丈夫でしょう。また、お友達・先生・お父さんお母さんをはじめとした人を叩く事はしないと約束してからスタートしたのも昨年同様でした。

はじめて経験する年少さんは予想以上に皆のまとまりが良く驚きました。
昨年経験している年中さんは昨年とは別格の集中力をみせてくれました。
年中さん同様に昨年経験している年長さんは色々な意味で余裕があり、内容をアレコレと足す事ができる程でした。また最後の頃、多くの子が床に座ってしまった後に「最後にもう1回やろう!」と声がけしたところ皆立ち上がって元気に動いてくれました。きっと年少年中さんだったら体力的にできなかっただろうな〜と少し感激した出来事でした。

終わると自然と集まってきてくれて大切なこともう一度確認する事が出来ました

講座終了後、園長先生が普段どちらかというと奥手な子も一緒に楽しそうにカンフーをやっていた事お話ししてくださいました。それを聞けてとても嬉しかったです!

最後に改めまして、保護者会の役員の皆さま、片羽保育園の先生方、園長先生、保護者の皆さま、そして園児の皆に”ありがとうございます”を伝えさせてください。